NEWS

NEWS & TOPICS

動画でわかるこども体育研究所
こども体育/指導風景

MOVIE

運動の「楽しさ」が

将来の「可能性」に

変わる

FLY TO THE FUTURE

こども体育研究所は
「生きる力」を育てます。

ABOUT US

こどもの発達特性に応じた「こども体育」によって、
「生きる力」の基礎となる心情・意欲・態度などの精神、基礎体力・運動能力を養う専門機関です。

こども体育研究所は、文部科学省が勧める「幼児期運動指針」に基づき、
発達の特性に応じた『運動遊び』を中心とした『こども体育』を研究し実践していく専門の機関です。
こどもは、集団の中で精神活動面の発達と合わせ、社会性の素地を形成していきます。
当所は、未就園児(2歳)から小学校低学年(8歳)までの間に必要不可欠であると思われる運動感覚を、
『こども体育』として集団で行うことにより、心身の調和的発達を促していくことを目的としています。
こども体育研究所は、生涯にわたる人格形成の土台を築く重要な時期にあるこどもを対象に『運動あそび』を通して
当所独自のカリキュラムにより総合的に指導してまいります。

研究・実践

「こども体育」の研究・実践

運動活動

園・家庭と連携した運動活動

体育指導

園の体育指導サポート

新入会員の方へ

NEW MEMBER

こども体育研究所は、生涯にわたる人格形成の土台を築く重要な時期にあるこどもを対象に『運動あそび』を通して当所独自のカリキ ュラムにより総合的に指導してまいります。
そのためには、常にこどものあるべき姿を科学的に追求し、応援し続けてまいります。 ご期待ください。

幼稚園・保育園の皆様へ

TO FACILITY STAFF

現在、ご契約いただいている幼稚園の多くが他団体からの切り替わり契約です。すべては、こどもたちのために。 当所の「無料公開指導」をご覧いただいた上ご決断ください。

指導料・交通費は0円!
日程・時間等ご相談に応じます。

よくある質問

FAQ

Q

運動を司る神経系のしくみの働きは遺伝します。
しかし、運動神経のよい悪いについては約10%程度と言われています。
つまり後天的な要因が約90%を占めると考えられます。
例えば、運動が好きな大人のいる家庭は、休みになれば自然に体を動かします。
楽しみながら運動に取り組む環境があれば、こどもも違和感無く運動に触れる機会が増え身についてきます。
自分で自らの力の高まりに気づけば更に意欲が湧き取り組みたくなる…また上手になる..次の行動へとつながる….といった後天的な環境が最も大きいと思われます。

Q

年齢や発達レベルにふさわしい運動を保護者がまず理解する必要があります。
適切な運動内容の順序は以下の流れです。

1.自分のからだを動かす(這う・転がる・歩く・走る・跳ぶ・泳ぐ 等)
2.ものを動かす(ボールを投げる・ボールを蹴る・バットを振る 等)
3.ものを使ってものを動かす(ボールをラケットで打つ・ボールをバットで打つ 等)

以上の内容を段階的に促し、人間として不可欠な基本的運動能力の発達こそが将来の可能性に光を当てる要因となることを覚えておいてください。

ただし、やりすぎはスポーツ障害につながる場合があります。
例えば、サッカーのやりすぎはヒザの関節を痛めたり(オスグッド病)、ボールの投げすぎヒジ関節や肩関節を痛めます(野球ヒジ・リトルリーグショルダー)特に、成長期の骨・関節の障害は、生涯にわたって残りやすいので、注意が必要です。

Q

「逆上がり」を行うには『懸垂力』『支持力』『逆さ感覚』『回転感覚』を身に付ける必要があります。
段階的に、まず以下の運動で《感覚運動》の基盤を身に付けさせたいですね。

上記の運動がスムーズに行えるようにはじめて、「逆上がり」へと移行していきましょう。
そのポイントは4つ
(1)肘を曲げて、体を鉄棒に引き寄せる
(2)足を前後に開き、地面を蹴って足を振り上げる
(3)鉄棒を引き付けるように腕とお腹に力を入れる
(4)最後まで肘を曲げ、体が鉄棒から離れないようにする

求人情報 RECRUIT

こどもたち一人ひとりの可能性を引き出すために、私たちと一緒にこどもたちと真剣に向き合ってくれるメンバーを募集しています。
こども教育・運動指導に携わりたい方、汗をかくのが好きな方、そして何よりもこどもの笑顔を喜びと感じられる方をお待ちしています!私たちと一緒に働いて、一緒に成長しましょう!

一緒に動いて

一緒に成長する

GROW TOGETHER

ページの一番上へ

×