正課体育指導

トップページ > こども体育について > 運動が大事な理由

こども体育についてー CHILD P.E. ー

運動が大事な理由

『体育』を通じて『生きる力』を育んでいく

健康とは、体力とは、体育とは、といった言葉には常に“心”と“身体”の調和が記されています。心も身体もすべては大脳が支配しており、全てを紐解く鍵が大脳の働きにあります。脳内では隣接し合う心(精神面)と身体(運動面)は常に影響し合い共に発達していきます。

つまり、運動を行うときは状況判断から運動の実行まで、脳の多くの領域を使用します。素早い方向転換などの敏捷な身のこなしや状況判断・予測などの思考判断を要する全身運動は、脳の運動制御機能や知的機能の発達促進に有効視されています。

また、子どもが自分たちのあそびに合わせてルールを変化させたり、新しいあそび方を創り出したりするなど、あそびを質的に変化させていこうととすることは、豊かな創造力を育むことにもつながります。

こども体育研究所は、こうした幼児期の特性や適時性を踏まえた体育(運動あそび)指導を展開させていきます。