こども体育研究所とは

POLICY

遊びの中での運動は学習の基礎

こどもの未来を生きる力を育みます

MESSAGE

はじめに

こども体育研究所は、文部科学省が勧める「幼児期運動指針」に基づき、発達の特性に応じた『運動遊び』を中心とした『こども体育』を研究し実践していく専門の機関です。
こどもは、集団の中で精神活動面の発達と合わせ、社会性の素地を形成していきます。
当所は、未就園児(2歳)から小学校低学年(8歳)までの間に必要不可欠であると思われる運動感覚を、『こども体育』として集団で行うことにより、心身の調和的発達を促していくことを目的としています。
また、こどもの「生きる力」の基礎となる心情・意欲・態度など精神にかかわる部分は勿論、基本的な動作の獲得と 基礎体力及び基礎運動能力の養成が主なねらいといえます。
したがって、こども体育研究所は、生涯にわたる人格形成の土台を築く重要な時期にあるこどもを対象に『運動あそび』を通して当所独自のカリキュラムにより総合的に指導してまいります。
そのためには、常にこどものあるべき姿を科学的に追求し、応援し続けてまいります。ご期待ください。

運動が大事な理由 知っていますか?プレゴールデンエイジ
何をするの? 素質よりも環境 5つの力を伸ばします
どのような単元をやるの? 豊富なラインナップ 13領域の運動種目

私たちの理念

「あせらず」「あきらめず」「導きだす」

POLICY

私達は、こども一人ひとりに潜在する可能性を引き出すために
「あせらず」「あきらめず」「導きだす」ことを探求し、
真摯に向き合う強い意志のもと、教育を志す研究所であると
評価いただける事を目指します。

こども体育研究所の全所員は教員免許課程を修得した所員です。
各幼稚園、保育園等から厚いご支持を頂いて参り、領域は全国規模にあたります。
そのご縁に感謝致しますと共に、幼児の純真な心と情熱に「体育」を通じて「生きる力」を育みながら、絶え間なく創意工夫と努力を重ね、 心身の発達と人格の基礎形成に誠実に向き合うことを続けてゆく…。
私は、「こども達のかけがえのない笑顔が喜び」という全ての所員を代表して、こどもの未来への架け橋であれるよう一層の努力を重ねて行くことを誓います。

会社概要

COMPANY

商   号 株式会社こども体育研究所
本   社 東京都文京区本郷 3-43-16 コア本郷ビル 8F-A 事業所:全国の事業所
設   立 平成27年12月9日
目   的 01.幼児を対象とする体育クラブの運営
02.幼稚園、保育園等幼児施設における体育指導
03.体育クラブに関する広報活動事業
04.各種イベント開催の事業
05.各種研究会及び講演会の開催、企画、運営
06.人材育成な関する研究業務
07.写真撮影及び映像作品の販売
08.体育指導器具の開発及び販売
09.コミュニティー活動実施の支援活動
10.ボランティア活動事業
11.前各号に付帯関連する一切の業務
代表取締役 遠藤 活美

アクセス

ACCESS

こども体育研究所 東京本部
〒113-0033 東京都文京区本郷 3-43-16 コア本郷ビル 8F-A
TEL: 03-3830-0755( 代 )

ページの一番上へ

×