正課体育指導

トップページ > お知らせ > 指導者研修実施

お知らせー NEWS & TOPICS ー

2019.05.22
更新情報

指導者研修実施

~教育現場の更なる充実を 目指し、各地で研修会定期的に実施しております ~
今回は、敬愛学園 北方幼稚園さんにご協力を得て実施いたしました。

年中クラス
【ボール投げへの段階指導】

幼児期は一般的に指先が器用ではなく、上下肢の協応動作が未熟な為、まずは安全な教材として、柔らかい布玉を使用し、思う存分活動しました。

〈投げる〉・〈捕る〉等の基本動作を多様なバリエーションで楽しみながら体験していく事がこの時期は最も大切です。

年長クラス
【とび箱指導】

とび箱運動の「開脚とび」につなげる段階的な流れを一つ一つ体験しました。

まずは、自分の体重を腕で支え、重心を移動する「動物歩き」から始まり、とび箱に「登る」・「降りる」・「踏み越す」・「またぐ」等の順を踏み、最終的に「開脚とび」へと移行しました。

早速成果が表れてきた子もいて、充実した表情が印象的でした。

小学生クラス
【マット指導】

導入として「体ほぐし体操」からスタートし、学年に応じた段階的な「技術的種目」と「チームゲーム」とを平行して楽しみました。

特に上級生は模範になる事で、自らの成長を実感し、下級生からの目標となり存在感を高めています。
さらに学年毎にそれぞれ目標を持たせ、いい汗を流しています。

~総括~

各指導者が普段の教育現場で実施する内容を持ち寄り、それぞれ指導を展開することで、
ポイントの確認や安全な環境設定の徹底等を行う意義のある研修になりました。
今後も各地で定期的に研修会を実施し、子どもの身体の成長と幼稚園、こども園、保育園各位の益々の発展にも寄与して参ります。